タイトルを入力

Longer Tweets

日記10/13~10/19

10月13日(火) 朝からヒッチコックを見る。 ドトールで気を使う原稿を書く。校正は明日に回す 一晩寝かせるのがコツ。 気晴らしに見取り図が出てくるコラムを読む。見取り図でアガるのは設計士の父の血か、単なるミステリ好きの血か。 父は最近、客の要望通り…

PS5の発売日は!?気になる値段は!?調べてみました!

値段:49800円 発売日:11月12日 いかがでしたか?この記事が参考になった方は是非リツイートをお願いします!

便所 夏蝉 バグバグバグ

昨年に引き続きお盆を湖畔のキャンプ場で過ごした 今年も色々あったが、カマドウマ君との戦いについて書き残す。それは永遠のような、実際には30分も経っていないのだろうが、しかして歴史に残すべき戦いであった。 「今夜、日付が変わったくらいに帰ります…

アフリカのことわざ

ことわざって面白くないですか?「暖簾に腕押し」「糠に釘」のように分ける意味を感じないものから「二度ある事は三度ある」「三度目の正直」のように真反対の意味を持つものが同時に存在している。そんないい加減なものなのに、引用すると意外と誤魔化せる…

#tanka

短歌。五・七・五・七・七、計31字の小さな歌。 #tankaで検索をかけると、たくさんの素敵な短歌と出会える。俳句と短歌の違いは季語の要・不要と文字数と句切りの自由度。マス目のノートと罫線のノートみたいなもんだろうか。 「洗えるマスク」を買ったはい…

10代最後の夜

過ぎてしまった事をあまり覚えている方ではない。過去の出来事を挙げられても「そんな事あったかな」と首を傾げる事が多い。 しかし、その空間に居た複数人が見聞きしていたはずなのに、どうやら俺だけが鮮明な記憶を保っているらしい出来事もあって、例えば…

食えそうな言葉

言葉も茹でると美味いかもしれない。 ・ゲシュタルト ゲシュタルト心理学の基本概念。全体を個々の集合ではなく、ひとまとまりとしてとらえた対象の姿。 「ゲッシュ」という果実のタルト。切り分ければ簡単にゲシュタルト崩壊。 ・スッピン 化粧をしていない…

姉が帰ってこない

姉が家に帰ってこないのだ。 私より3歳上の姉はそれはもう自分勝手かつ不器用な単純バカ、くだらない部分に異常な執着を見せる人間である。例えば、家を空けるときはどんな短時間であろうと鍵は必ず上下施錠するし、友達から貰ったプレゼントがいかに邪魔に…

ジャルジャル『煩悩ネタ108本ライブ』レビュー

お笑いコンビジャルジャルが行った『大晦日 煩悩ネタ108本ライブ』で披露された108本のコント、その全てが先日YouTubeにアップロードされた。視聴しながら5点満点でレビューしていく。 1.一服 評価:3.0 揺らぐ「一服」の概念。くだらない言葉遊びで彼らの右…

大悪性ロスタイム

もう5年くらい共に過ごしているカビゴンの腹を揉みしだくことで暇を潰している。カビゴンはおおらかなポケモンなので、人間がお腹を揉んでいてもそんなことは気にも留めず居眠りこいている。 中学生二年生の時にヨコハマのポケモンセンターからしょっ引いて…

フォートロイヤルプレイヤー行動アンノウンバトル荒野ナイト

現代社会において広告を避けて生きることは不可能に近く、まさに今現在の世界は「大広告時代」と称しても過言ではない。これが事実であることは、子供のなりたい職業ランキング一位がYouTuberであることからも窺い知れる。 大手の広告は商品を買わせるために…

アマプラ映画のすヽめ

暇つぶしではなく、寿命を1~2時間削る価値のある映画のみを挙げる。 人にオススメの映画を聞かれる度に「お前専用・絶対に好きなリスト」と「全人類の脳髄を余すことなく揺さぶる映画集」のどちらを勧めるべきか頭を悩ませる。 これは後者である。全てアマゾ…

最近作ったもの

料理が好きだ。材料を組み合わせて様々な過程を踏んで全く別のものに変化させる。ドラクエをやった時も錬金釜と話して過ごした。 大学生の春休みというのは長いばかりで密度に欠ける。なんとも大味なものになりがちらしい。車さえあれば暇など感じないのだが…

今のうちに 最終日

目を覚ましたのは朝の六時半で、ほっと胸を撫で下ろす。昨晩はお酒を飲んですぐに眠ってしまった。一度も目覚めることのない深い眠りで、遅くも早くもない時刻に目を覚ます。パーフェクトな睡眠。 シャワーを浴びる。朝ご飯を食べる。荷物をまとめる。ベッド…

酔っ払って書いた記事 27日目

行動時間は今日が最後。明くる日私は昼過ぎに空港に向かい、シドニーで3時間のトランジットを終えたのち日本へ帰る。到着予定時刻は朝の五時。嫌な顔一つせずに迎えに来てくれる小学校からの親友を誇りに思う。でもまだ貴方へのお土産買ってないごめん。 深…

風邪ひいたときに見る夢 『ゴールデン・プリンセス号』 26日目

長い夜だった。一時間半おきに喉の渇きか尿意のどちらかで目を覚ました。眠りは浅く、見る夢は普段にも増して支離滅裂な内容のものばかりだった。癪なので起きるたびに夢の内容を記録していた。サークルの前幹事長と副幹事長と私の3人で高輪ゲートウェイ駅に…

体調悪い 25日目

1日で250gのチョコレートを食べたら体調崩した。あの暴力的な甘さは、お菓子とジュースをやめてから一年経つ身には荷が重かったようである。そこはかとない倦怠感。 羊、牛、パスタ、トマトを合計1kgくらい腹に詰め込んだ。水を大量に飲んだ。今宵、枕元のペ…

瑞々しい夏 24日目

連日カフェや図書館に篭って文学フリマ用の原稿を書いた。まずまずの駄文が完成したと思う。 作業も昨日で一段落、今日は水族館に遊びに行った。なんでも、水中のトンネルからサメが優雅に泳ぐ様子を眺める設備があるらしい。 海沿いの道はジョギングコース…

これだけ 23日目

コーヒーを飲んだ。こちらのコーヒーは水っ気が多く、さっぱりしている。結構好き。

爪切りと参与観察 22日目

今日も昨日と変わらないか、それ以下の一日を過ごした。大学生の群れに混じって歩いてみたり、話題のご飯を食べてみたり、フラフラと公園を散歩したり。 爪を切った。十徳ナイフに付いた小さなハサミを使って爪を切るのは何回やっても慣れないもので、今日も…

動物園に行く 21日目

朝食のチョコシリアルをソシャソシャと口に運びながら考える。私がチョコシリアルを食べるのは、シリアルを食べ終えたお皿に残る、ほのかに甘い香りが付与された牛乳を飲むためではないのか、と。 昨日から滞在しているオークランドはニュージーランド最大の…

元気いっぱいのハンバーガー 19日目

キッチンに置いていたベーグルが紛失していたので、「ご自由にお持ちください」の箱にあった卵とパンで朝飯を済ませる。そこにあった牛乳もついでに飲み干す。この国の牛乳は甘みが少なくて不味い。 チェックアウトを済ませて街中をぶらつく。この街にまた戻…

なんでもない日 18日目

明日この街を去る。この街の美しい夕焼けを見られるのは、今日が最後だ。 意気揚々と、普段なら気後れする洋服屋を巡る。『極度乾燥(しなさい)』では、店内に並ぶTシャツの「自動車潤滑」が面白すぎて爆笑してしまった。近くにいた夫婦に意味を聞かれたので…

人生初、ひとりで服を買う 17日目

トレッキングに向かったら、立ち入り禁止の看板があった。がっかりして街へと引き返す。 植物園へ行くも、どうにも元気が出ない。思い当たる節として考えられるのはやはり、朝からリンゴ2つしか食べていないことだろうか。道の両脇に美しく咲く花が美味しそ…

女王にふさわしい 16日目

テカポ湖からクイーンズタウンへ向かうバスの道のりは、それはそれは壮大なものだった。正面に続く道路の写真は撮れないので、ネットで見つけた写真を貼っておく。 ミルフォードサウンド 交通アクセス - Cruise Milford 超、ドライブしたくなった。 クイーン…

何故なら、 15日目

黒く変色したバナナを、砂糖をたんまり溶かした紅茶で胃の奥へと流し込む。 今日は天気がいい。昨日は敬遠した迂回コースでの登山を決意する。 同室の日本人が今日宿を発つというので、チェックアウトを済ませた彼としばし土産物屋を見て回る。来月から社会…

山・コーヒー・肉 14日目

昨夜は結局、深夜零時に月の消えた星空を見に行く、なんとも贅沢な夜更かしをしてしまった。「俺は今、宇宙空間を見ているな?」と、よくわからんことを確認したので、いい夜更かしだった。 宿に滞在した人が置き去った食料が詰まった箱があるのだが、そこに…

見渡す限り 13日目

午前十時ごろに目を覚ます。多分、変な夢を見た。 シリアルとパンのみの簡単な朝食を済ませ、トレッキングに向かう。 スタートはテカポ湖から流れ出る水が川を形成する場所。生まれたての川と、しばし並走。 しばらく進むと道は林の中へ。川に別れを告げて、…

This is earth. 12日目

閉じかけた瞼に飛び込んできたのは丘陵と形容するにはあまりに壮大な、圧倒的な「地形」であった。 なだらかな斜面には羊がたむろしており、ぼけっとした顔で草を食んでいる。近くで寝そべる牛、動き回る馬、地形、地形。 目が離せない美しさだ。高速で走る…

風吹く冷夏 11日目

クライストチャーチで10日あまりを過ごした。車があれば一周するのに3分とかからない小さな街だ。 季節は夏の終わり頃。カラッとした気候で、山から降りてきた涼しい風に吹き荒らされる毎日だった。 背の低いビルの隙間を縫うように走るトラムは、おかしな表…