人間か、それ以外か

f:id:Miyabi717:20190328083753j:image

テーマ:我々ヒトと他の生物との最大の違いは何だと思うか、自分の考えを2000字程度で述べなさい。

 

人間を人間たらしめる最大の要素とは何だろうか?服を着ること?はたまた二足歩行することだろうか?イヌとネコの区別ではない、「人間」と「その他」の明確な線引きとは一体何とするべきか?

第一に考え付くのは複雑なコミュニケーションを取れる点だ。イヌやネコをはじめとした多くの生物は言語のようなものを用いた簡単な意思表示を行う事しかできない。対して我々人間は5000種類ともされる多種多様な言語を用い、複雑なコミュニケーションを交わしてきた。その結果、コミュニケーションは人間に必要不可欠なものとなった。1901年からオーストラリアで開始された白豪主義は、白人こそ至上、人間のあるべき姿であると謳い、先住民族であるアボリジニの文化や歴史をことごとく破壊し尽くした。その中で最も強く主張されたものとして英語教育が挙げられる。この例は、異なる文化を持つ人間を根本から支配するには、コミュニケーションに欠かせない言語を支配することが有効であることを示している。コミュニケーションとはそれほどまでに人間の深部に根を張るものであり、人間の重要な構成要素と言える。

次に、発達した頭脳も特徴的である。著しく運動能力の低い人類が今日「地球の支配者」となっているのは、この脳の役割によるところが大きい。獲物を仕留める牙を持たない我々は代わりにナイフを研いだ。海を越える翼を持たない我々は風を捕まえる箱を作り、後に空すら超えた。これら全ては脳によって引き起こされた行動である。同じく高い知性を有し、人間より優れた筋力を持つ生物としてチンパンジーが挙げられる。たしかに人間とチンパンジー塩基配列は98%一致しているが、この2種には決定的な違いがある。太古の昔、我々人間とチンパンジーの祖先は同じであった。しかし、進化の過程でより強い筋力を持つ個体と、より大きな脳を有する個体に道が分かれた。前者の子孫がチンパンジーであり、後者が我々人間である。チンパンジーは人間の7倍もの筋力を有する。しかし、彼らは人間の4歳児程度の知能しか身に付けることはできない。一部の低知能人間の影響で忘れてしまうことが多いが、本来我々は他生物と比べて圧倒的な知性を有しているのだ。 

さて、ここまで述べてきた「コミュニケーション」と「高い知性」が、人間種の特徴であることは確定的だろう。しかし、これらをそのまま人間と他生物との違いと結論づけるのは早計である。これらは人間という生物の特徴でしかない。チーターは足が速いように、キリンの首は長いように、これらは人間の有する能力に過ぎず、「人間」と「それ以外」の境界線とは言えない。人間はこれらの能力を有し、何を成すか。その答えが人間とそれ以外の線引きとなるのだ。 

人間を生物の観点から掘り下げていくために「進化論」と「ミーム」について説明しておく。ダーウィンの進化論ではキリンの首は高いところの葉を食むために伸びた、と広く認識されている。これは厳密には誤りで、正しくは首が長いキリンは高いところの葉を食べることができ、敵にも早く気付けるため子孫を残せる可能性が高い、故にキリンという種の首がだんだんと伸びていったというものである。この淘汰を自然選択と呼ぶ。 

 ミームとは生物学の権威、ドーキンス博士が提唱した「文化の遺伝子」を指す造語である。森羅万象、意味を持つ存在や概念は、音楽であれ人物であれ、すべてミームを持っている。ビートルズには「ビートルズミーム」があり、私には「みやびのミーム」がある。ミームが「文化の遺伝子」と呼ばれる理由はその仕組みにある。ビートルズに影響を受けた人物が、真似をして似たような音楽を作ったとする。この過程で行われたのは親世代から子世代への遺伝子の複製であり、悪しき部分は切り捨てられる、自然選択も同時に行われている。このメカニズムは、遺伝子の引き継ぎと共通点が多いため、ミームはこのように定義されるのだ。

 人間という種にのみ許された特権は今を生きながら過去と未来に干渉できることではないか。人間以外の生物は今、その時を生きることしか許されていない。イヌやネコのワンとかニャンだとかは、仲間に危険を知らせるものであったり、その時の感情を伝えるものであり、未来にも過去にも繋がることはない。身体は遺伝子を次世代に運ぶ乗り物に過ぎず、未来には自分の遺伝子以外、何も残すことはできない。ところが人間は、高度なコミュニケーション能力と高い知性を持つ人間のみが、自己の人体の遺伝子以外のものを後世に残すことが出来るのだ。日記、音楽、絵、小説、家、例を挙げればキリがないが、人間の生み出す全てに遺伝子は宿る。これらに影響を受けた後世の人間がこれらを複製し、模倣し、増殖させていく。自己の遺伝子を様々な形で残せる、この特異性こそ、人間か、それ以外かを明確に分けると私は考えている。