【感想殴り書き】映画『ターミネーター ダークフェイト』がとても面白かったんだ。

YouTube

大好きな映画、ターミネーターの最新作、『ターミネーター ダークフェイト』を観た。

色々考えたことは後々別の記事にするが、とりあえず思ったことを殴り書きしておく。

 

『ターミネーター2』の正式な続編と称される本作、期待とか不安とか特別な思い入れ持ってる人多いだろうし、「微妙」とか批判は絶えないだろうけど、それでも俺は面白かったと思う。

 

『ターミネーター2』って多分観てない人でも知ってる溶鉱炉に親指立てて沈んでくシーンのあるヤツなんですけど、あれ本当にいいシーンでして。ネタにされてるの見ると若干イラッとしてしまうという与太話。

 

映画そこそこ観てるけど今年の1位やるよ。流石でした。

 

凄く面白かったから「劇場でやってるうちに観に行ってほしい」ってのはあるんだけど、「1.2を観てからの方がより面白い」ってのもあるから出来れば「1.2を観てから劇場に行ってほしい」って思うんだけど、そこまでやってくれる人は居ないし、でもこれを劇場で見られないのは本当に惜しい事だから云々。頼む。マジで面白かったんだよ。

 

以下、思考の垂れ流し。ネタバレ有り。ここまで読んでくれてありがとう、まだ観てない人は帰れ。もしくはTSUTAYA行け。「俺ネタバレ気にしない!」って奴も帰れ。イチバン帰れ。観てないヤツに読まれてもマジで嬉しくない。お前がいつか観たくなった時に作品にケチが付くのが嫌なんだ。頼む。帰ってくれ。

 

 

f:id:Miyabi717:20191112224722j:image

 

 

・服を奪うとかプレス機で潰すとか、それだけで嬉しくなっちゃうから『ターミネーター』って凄い。神話だ神話。

 

・最初にジョン・コナーを殺すの、凄くびっくりしたけど「新しいモノ作るにはそうするしかなかったんだな」と思った。中途半端に同じ世界に留まるから「新時代」とかいうクソが生まれたんだよ。あれ「糞糞糞」ってタイトルに変えろ。本作を前提から否定しちゃうのは人生つまんなくて可哀想。

 

・サラ・コナーとT-800が仲良くなるのがちょっと早かった気がした。そこメインじゃないからあんま描いてもしょうがないってのはわかるんだけど、もそっと、もうちょっとだけでも欲しかった。

 

・T-800が犬を撫でていたのが良かった。

 

・T-800がサングラスを掛けなかったのは「殺し」ではなく「守る」ことが目的である証拠?自己とターミネーターとの決別か。

 

・グレースの腕の筋肉が最高。体術も最高。髪型も最高。服装も最高。グレース最高。f:id:Miyabi717:20191112225308j:image

 

・ベタではあるが、最後は一瞬弟の姿で攻撃してきて欲しかった。ダニーに迷わず引金を引いてほしい。ちょっとベタすぎるか?

 

・T-800「I won't be back」が良かった。否定系なのに何故こうも頼もしいんだろうな。

 

・T-800が最後に親指を立てなくて良かった。

 

・ただ、やっぱりサラとT-800が仲良すぎる。医者が取り押さえても暴れ回る女なんだよ『サラ・コナー』は。もうちょっと描いて欲しかった。

 

・敵のターミネーター、分身できるのズルくないか?でもその代わり2人である利点全然活かせてねえ。バランス取るところ違えだろ。

 

・少佐、ただただ可哀想。EMP壊されるし。マジで可哀想。温泉とか行ってほしい。

 

・ヘリコプター見送るんだな。跳んだら届いたろ。

 

・グレースの動力源を抜くシーンが非常に痛そうだったけど、ダニー割りと躊躇なくいった。まぁいいと思う。強い女、嫌いじゃない。

 

・サラ・コナー、もうお前がターミネーターだよ。超アイルビーバックだよ。本当に言ってたし。f:id:Miyabi717:20191112225231j:image

 

・敵のターミネーターが優しそうだった。冗談言えるようになってるのが怖いなとは思ったんだけど、いかんせん顔が優しすぎる。ちょっと不気味なんだけど、基本優しい。インド映画の主人公っぽい。f:id:Miyabi717:20191112225235j:image

 

・グレース背高え。めっちゃ睫毛長い。彫刻?

 

・グレース、途中からダイ・ハード。タンクトップ似合いすぎだろ。f:id:Miyabi717:20191112225250j:image

 

・サラとダニーがジープ乗ってるの最高。お前らはジープしか乗らないよな、一生ジープ以外乗るな。

 

・観終わった時の感動が凄くて、午後3時に観終わって現在午後11時なんですけどまだ「好きだなぁ…」ってなってる。なんだろうね、俺好きだわアレ。

 

 

面白かった。考察に気を取られて作品を楽しめなくなるくらいなら、口開けて「あー面白かった!」としか言えない人間でありたい。どこが面白かったのかは下手なりに頑張って考えるよ。以上です。